エルフ荒川の実家が築50年でボロボロ!?貧乏の理由にびっくり!

エルフ荒川の実家が築50年でボロボロ!?貧乏の理由にびっくり!

この記事では、エルフ荒川の実家についてご紹介します。

エルフ荒川は貧乏ギャル芸人として、最近とっても人気が出ていますよね!

いつも笑っていて、明るいエルフ荒川可愛いですよね〜♪

そんなエルフ荒川の実家が、古くてカビだらけ。。と話題になっています。

結論
  • エルフ荒川の実家は築50年でボロボロ!
  • 父親が無職で貧乏だった

ということがわかりました!

それでは詳しく見ていきましょう。

エルフ荒川の実家が築50年でボロボロ?

エルフ荒川の実家が古くてボロボロという情報がありますが、本当なのか調べてみると、2017年8月に放送された「マヨなか笑人」で実家が公開されていました!

エルフ荒川の実家は大阪市和泉市にあり、外から見た感じは古い一軒家!という感じでした。

ですが中に入ると、家の中には蜘蛛の巣があり、お風呂はカビだらけ。。

お風呂にナメクジやアリが出ることもあるんだとか。

洗面所の床はぬけていて、古さが感じられます。

なんと母親が洗面所を歩いたら床が抜けて、悲鳴を上げたそうです笑

そんなエルフ荒川の実家、築50年だそう!

築50年というと何度かリフォームの必要がありそうですが、床が抜けたりナメクジや蜘蛛の巣ができるということは、リフォームはしていないのでしょうね。。

また、お風呂にシャワーがないため、浴槽にお湯をためて使っていたそうです。

エルフ荒川は両親、3姉妹、おばあちゃんの6人暮らしで、女性が多い家庭でシャワーなしは大変だったでしょうね。。

エルフ荒川の実家はなぜボロボロなの?父親が無職!?

エルフ荒川の実家が築50年で、床が抜けるほどボロボロということがわかりました。

でも、なぜここまでボロボロなのでしょう。。リフォームをしたら築何十年の家もキレイになりますよね。

原因を探ってみると、エルフ荒川の父親は子供たちが小さい頃無職だったそうです。

そのため、エルフ荒川は高校生の時、コンビニやテレアポ、居酒屋などでバイトをして家計を助けていたんだそう!

すごく家族思いのいい子ですね♪

遊びたい盛りにバイトをして、お金を家に入れるなんて素晴らしいです。

ですが、エルフ荒川は「父親はなんでもいいから働いてくれ!」と思っていたそう!笑

エルフ荒川のプロフィール

エルフ荒川のプロフィール
  • 名前:荒川 葉月(あらかわ はずき)
  • 生年月日:1996年8月30日
  • 出身地:大阪府和泉市
  • 身長:156cm
  • 血液型:A型
  • 担当:ボケ

エルフ荒川は2016年4月にコンビを結成し、相方は「はる」です。

エルフ荒川の趣味は韓国語の勉強で、特技は居酒屋のメニューをギャル語にすることだそうです!笑

エルフ荒川は高校を卒業したら芸人になると決めていたのですが、周りの人に反対されたそう。

最終的には母親だけ応援してくれたそうです。

反対を押し切って芸人の道に進んだエルフ荒川ですが、「女芸人No.1決定戦THE W2020」で準決勝進出しています♪

とはいえまだアルバイトをしているそうで、ウーバーイーツで働いているそうです!

「あなたの街のええ仕事」では、ウーバーイーツでバイトしている人は速そうないい自転車に乗っているけど、私はママチャリ!と語っています笑

エルフ荒川の実家がボロボロな理由にびっくり!

いかがでしたでしょうか?

エルフ荒川の実家がボロボロな理由は、築50年ということと、子供たちが幼少期の時に父親が無職だったためお金がなかったことがわかりましたね。

エルフ荒川には妹が2人いるのですが、長女であるエルフ荒川がアルバイトをして家計を助けていたんですから、本当に優しい方なんでしょうね♪

なかなか簡単にできることじゃないです。

これからのエルフ荒川の活躍に注目ですね!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です