子供の脱毛は何歳からできるの?子供の脱毛で注意すべきこととは?

毛深いことのコンプレックスが原因で脱毛する女性は多く、腕や足といった露出が多い部位は特に脱毛する割合が多いです。

そのときには脱毛サロンなどで脱毛する女性が多いですが、今ではその脱毛を自分の子供に対して行っている親もいます。毛深いことによっていじめなどに遭わないかということを理由に脱毛サロンなどで子供を脱毛する親も増えてきています。

ただ、子供の脱毛で気になるものには「何歳くらいから脱毛できるの?」という疑問があります。

そこでこちらでは、子供の脱毛が何歳からできるのか、子供の脱毛で注意すべきことを紹介します。

子供の脱毛は何歳から大丈夫なの?

子供の肌は大人の肌よりも皮膚が薄くデリケートなのものなので、自宅で行う脱毛はあまりお勧めしません。また、子供が脱毛できる年齢というものは特に決まっていませんが、毛抜き、脱毛クリーム、セルフ脱毛機、といった刺激が強い脱毛方法はあまりお勧めしません。

では子供の脱毛は何歳からできるのか?ということですが、これはそれぞれの脱毛サロンで行われている子供脱毛の年齢制限によってことなる、ということになります。

脱毛サロンであれば「3歳」から脱毛できる

脱毛サロンによっては「3歳から脱毛OK!」というところもあります。そのため、脱毛サロンによって脱毛できる子供の年齢が変わります。

例えばキッズ脱毛で有名な脱毛サロンの「ディオーネ」では3歳から脱毛することができますが、同じく脱毛サロンの銀座カラーでは16歳以上の子供でなければ脱毛することができません。

これはそれぞれの脱毛サロンで使われている脱毛器の違いによって子供の脱毛の年齢に差があり、ディオーネでは肌の刺激がとても弱く子供の皮膚でも脱毛できる脱毛器が使われているからだと考えられます。

自宅での「毛抜き」「脱毛クリーム」「セルフ脱毛機」は子供脱毛にはNG

子供の脱毛で注意すべきことは、自宅で「毛抜き」「脱毛クリーム」「セルフ脱毛機」といった大人と同じ脱毛方法で行うことは、子供の肌には刺激が強すぎるということがあります。

毛抜きでの脱毛自体が大人の肌でもあまりお勧めできるものでないので、子供の脱毛なら尚更お勧めできません。

また、脱毛クリームなどの肌の刺激が強い成分による脱毛方法も子供の薄い皮膚には炎症のリスクの方が高くなってしまいます。

そして、自宅でできる脱毛器も本来は大人の女性の肌に合わせて作られているため、子供の脱毛には使わない方がいいでしょう。