全身脱毛期間中に日焼けをしたらどうなる?NGなのはどうして?

全身脱毛で日焼けはしてはいけない理由

全身脱毛では日焼けはNGです。その理由は、脱毛効果が薄れてしまうこと、脱毛中に痛みが出やすいこと、肌荒れなどのトラブルを抱えやすいなどリスクが大きくなるからです。

日焼けでの脱毛効果の低下

日焼けをすると間違いなく脱毛効果が低下します。それはレーザーというのは毛や毛根にポイントを絞って照射するわけですが、肌が黒くなっていると、その色にも反応し、いわばピンポイントのはずが、肌に光が広がってしまい、効果が薄れてしまうのです。毛や毛根に、適量の光やレーザーが照射できないために、お店に行っても、その分の費用と時間を無駄にしてしまうでしょう。

日焼け肌は痛みを伴う

これはイメージしやすいと思いますが、日焼け肌そのものでもヒリヒリしているのに、そこに光やレーザーを当てればさらに痛みが増すことになります。日焼けしていない状態で脱毛の施術でも痛みを伴うことがあるのに、その上さらに日焼けをしているということは、それ以上の痛みが出るということです。我慢ができない痛みとなる可能性があります。

肌荒れトラブルが起きやすい

日焼けによりすでにダメージを受けている肌は乾燥しており、そこに光やレーザーを照射し、その肌にも反応することで、肌はダメージをさらに受けることになり、シミの原因になってしまう可能性があります。そのような状態で脱毛治療をすることは難しいのです。

どの程度の日焼けならば脱毛OKなのか?

普段の生活の中で、海外旅行に行かなくても、外出すれば少しは日焼けしてしまうことはあるものです。でもその程度であればほとんどの場合脱毛はできます。では施術ができる、あるいはできないラインはどの程度なのでしょうか。これはお店やクリニックが判断することになります。お店によって扱っている脱毛器や脱毛方法に違いがあるからです。ただ真っ黒に日焼けしてしまったとか、肌の皮がすでに剥けてきている、水着の痕がくっきりといったレベルの日焼けでは脱毛が難しいでしょう。

もし日焼けしてしまった場合にはなにができるか?

この場合には、とりあえず日焼けが収まるまで待つことが必要になります。どの程度の日焼けかにもよりますが、だいたい2-3か月は日焼けのダメージが残ると言われていますので、それくらいの期間はお店での脱毛は難しいことになります。そうならないように、日焼け止めのための対策はしっかりすること、脱毛している期間は、紫外線、日焼けしないようなプランをしっかり立てることをお勧めいたします。またお店によっては従来の方法ではない新しい方法での脱毛を取り入れ、日焼け肌OKの脱毛サロンもありますので、そのあたりを確認しておくとよいでしょう。